Loading

Home作曲家>細川俊夫 略歴

作曲家

細川俊夫
Toshio Hosokawa
1955.10.23 –



© Kaz ishikawa

English

1955年10月23日、広島生まれ。1976年から10年間ドイツ留学。ベルリン芸術大学でユン・イサンに、フライブルク音楽大学でクラウス・フーバーに作曲を師事。

1980年、ダルムシュタット国際現代音楽夏期講習に初めて参加、作品を発表する。以降、ヨーロッパと日本を中心に、作曲活動を展開。日本を代表する作曲家として、欧米の主要なオーケストラ、音楽祭、オペラ劇場等から次々と委嘱を受け、国際的に高い評価を得ている。2004年のエクサンプロヴァンス音楽祭の委嘱による2作目のオペラ《班女》(演出=アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル)、2005年のザルツブルク音楽祭委嘱のオーケストラ作品《循環する海》(世界初演=ウィーン・フィル)、第5回ロシュ・コミッション(2008年)受賞による委嘱作品である2010年世界初演のオーケストラのための《夢を織る》(クリーヴランド管弦楽団によって、ルツェルン音楽祭、カーネギーホール等で初演、2013年英国作曲家賞受賞)、2011年のモネ劇場の委嘱によるオペラ《松風》(演出=サシャ・ヴァルツ)、ユナイテッド・インストゥルメンツ・オブ・ルシリンの委嘱によるモノドラマ《大鴉》、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とバービカン・センター、コンセルトヘボウの共同委嘱による《ホルン協奏曲─開花の時─》といった作品は、大野和士、準・メルクル、ケント・ナガノ、サイモン・ラトル、ロビン・ティチアーティ、フランツ・ウェルザー=メストなど、世界一流の指揮者たちによって初演され、その多くはすでにそれぞれのジャンルにおけるレパートリーとして演奏され続けている。

2013年のザルツブルク音楽祭では、二度目となる同音楽祭委嘱作品、ソプラノとオーケストラのための《嘆き》の初演をはじめ、《古代の声》(アンサンブル・ウィーン=ベルリン委嘱作品)の初演ほか、多くの作品が演奏された。2014年、《トランペット協奏曲「霧のなかで」》(サントリー芸術財団「サマーフェスティバル」で初演)で3度目の尾高賞を受賞。近年、人と自然の関わりを見つめ直し、祈りと鎮魂としての音楽を書き続けており、2014年には《アイオロス》《フルス》といった協奏曲や歌曲《3つの天使の歌》などが次々と欧州で初演され、2015年には2人のソプラノとオーケストラのための《嵐のあとに》(東京都交響楽団創立50周年記念委嘱作品)が、同年11月に大野和士と同楽団により東京で初演、そのヨーロッパツアーにおいて各地で初演された。2016年1月、東日本大震災の後の福島をテーマとしたオペラ《海、静かな海》(原作、演出=平田オリザ)がハンブルクで初演され、大きな注目を集めるとともに、高い評価を受けた。

2001年にドイツ・ベルリンの芸術アカデミー会員に選ばれる。東京交響楽団1998-2007、ベルリン・ドイツ交響楽団2006/2007シーズン、西ドイツ放送局合唱団2006-2008シーズンのコンポーザー・イン・レジデンス、およびネーデルラント・フィルハーモニー管弦楽団2013/2014シーズンのコンポーザー・イン・レジデンスを歴任。2006/2007年および2008/2009年、ベルリン高等研究所からフェロー(特別研究員)として招待され、ベルリンに滞在。2012年にはドイツ・バイエルン芸術アカデミーの会員に選出された。2012年秋、紫綬褒章を受章。

現在、武生国際音楽祭音楽監督、東京音楽大学およびエリザベト音楽大学客員教授。

(2016年8月1日)

Toshio Hosokawa - Biography

Toshio Hosokawa was born on 23 October, 1955 in Hiroshima. He has been to Germany to study composition for ten years since 1976, with Isang Yun at the Hochschule der Künste in Berlin and with Klaus Huber at the Staatliche Hochschule für Musik in Freiburg.

In 1980, Hosokawa participated for the first time in the Internationale Ferienkurse für Neue Musik in Darmstadt. Since then, he has been working on composition mainly in Europe and Japan, gaining a good reputation worldwide as one of the leading Japanese composers and being commissioned by the primary orchestras, the major music festivals and the significant opera theatres in Europe and America one after another.

His second opera HANJO commissioned by the Festival d’Aix-en-Provence in 2004 (Anne Teresa de Keersmaeker, staging), his orchestral work Circulating Ocean, commissioned by the Salzburg Festival in 2005 (premièred by the Wiener Philharmoniker), Woven Dreams, an award-winning work of the 5th Roche commissions in 2008 (for the Lucerne Festival and the Carnegie Hall, premièred by Cleaveland Orchestra at the Lucerne Festival in 2010, won the British Composer Awards 2013), his third opera Matsukaze commissioned by La Monnaie in 2011 (Sasha Waltz, staging), The Raven commissioned by United Instruments of Lucilin, Horn Concerto ―Moment of Blossoming―, cocommissioned by Berliner Philharmoniker, the Barbican Centre London and Concertgebouw Amsterdam (premièred by the Berliner Philharmoniker in 2011) and many others were premièred under the baton of the world’s leading conductor, for example, Kazushi Ono, Jun Märkl, Kent Nagano, Sir Simon Rattle, Robin Ticciati, Franz Welser-Möst, and so on. Many of these metioned works have been performed as an important repertoire in each genre.

At the Salzburg Festival 2013, many works by Hosokawa were performed, including two premières: Klage for soprano and orchestra (his second commissioned work by the festival), and Ancient Voices –In memory of Wolfgang Schulz– for wind quintet (commissioned by Ensemble Wien- Berlin). Concerto for trumpet and orchestra “Im Nebel” (premièred in The Suntory Foundation for Arts Summer Festival 2013) won the Otaka Prize for the third time in 2014. In his recent works, Hosokawa is especially engaged in depicting the relationships between nature and human being, composing works that are meant to be a prayer and a requiem; in 2014, his concertos Aeolus and Fluss, vocal work Drei Angel-lieder, and etc. were premièred in Europe one after another, in 2015, Nach dem Sturm for two sopranos and orchestra (commissioned for Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra’s 50th anniversary by itself) was premièred by Kazushi Ono and the orchestra in November in Tokyo and received the national premières at its concert tour around Europe. In January 2016, his latest opera Stilles Meer (Oriza Hirata, the original text and staging) that describes Fukushima several years after The Great East Japan Earthquake was premièred in Hamburg. It greatly attracted attention of many people, and was highly praised by the audience.

In 2001, Hosokawa became a member of Akademie der Künste, Berlin. He was Composer-in- Residence with Tokyo Symphony Orchestra in the 1998-2007 season, with Deutsches Symphonie Orchester Berlin in the 2006/2007 season, with WDR Rundfunkchor Köln in the seasons 2006-2008, and with Nederlands Philharmonisch Orkest in the 2013/2014 season. In 2006/2007 and again in 2008/2009 he was invited as one of the Fellows by Wissenschaftskolleg zu Berlin. In 2012, he was elected to a member of Bayerische Akademie der Schönen Künste, München, and received the Medal of Honour with Purple Ribbon from the Goverment of Japan in Autumn.

Currently, he serves as Music Director for the Takefu International Music Festival, a guest professor at Tokyo College of Music and at Elisabeth University of Music.

(as of 1 August 2016)