Loading

Home作曲家>毛利蔵人 略歴

作曲家

毛利蔵人
Krôdo Môri
1950.5.20 – 1997.1.13

1950年5月20日、兵庫県芦屋市に生まれる。
中学生の頃から、全くの独学でピアノと作曲を始める。1969年3月、東京都立西高等学校卒業。 1971年から翌年にかけて、三善晃に作曲を師事する。

1973年の第42回音楽コンクール作曲部門で、「弦楽四重奏曲第一番」が第三位に入賞。 1973年、作曲家のグループ「深新会」に入会。第2、3、5、7回の各作品展に出品。その後、1980年に退会。

1983年、7人の演奏家と7人の作曲家によるグループ「アンサンブル・ヴァン・ドリアン」に参加。 作曲、企画、指揮に携わる。

1988年9月から1989年3月まで、Asian Cultural Councilの援助を得て、ニューヨークに滞在し、帰国直前には、ロンドン ・シンフォニエッタの招きにより、ロンドンでの《五月の朝》のヨーロッパ初演に立ち会う。

オーケストラ曲、室内楽、歌曲、合唱曲などあらゆるジャンルの作品を発表。国内のみならず、ボストン交響楽団室内アンサンブル、ロンドン・シンフォニエッタ 、リンカーン・センター室内楽協会、アルディッティ弦楽四重奏団などの外国の演奏家たちによっても、しばしば作品が演奏された。また、一方で、映画、舞台、テレビ、ラジオ などの音楽も数多く手がけた。

1997年1月13日死去。享年46歳。