Loading

Home>ニュース

ニュース

RSS Twitter Facebook

schott aktuell でヴァイオリン協奏曲特集

2008年 2月26日付

ドイツのショット・ミュージック本社から隔月で発行されている広報誌 "schott aktuell"の2008年第1号で、ショット・ミュージックが管理するヴァイオリン協奏曲(ヴァイオリンを独奏楽器とする作品を含む)の特集を組んでいます。2003年1月から2007年12月末までの期間中演奏回数の多かった上位10作品も発表していますので演奏会のプログラムづくりの参考にしてみてはいかがでしょうか。

("schott aktuell"2008年第1号8ページより以下のリストを抜粋)

1.コルンゴルトヴァイオリン協奏曲ニ長調
  music_2.gif Naxos Music Libraryで試聴

2.ストラヴィンスキーヴァイオリン協奏曲ニ長調
  music_2.gif Naxos Music Libraryで試聴

3.ハルトマン葬送協奏曲
  music_2.gif Naxos Music Libraryで試聴

4.シューマン(シューネマン編):ヴァイオリン協奏曲

5.ヴァスクスヴァイオリン協奏曲『遠い光』
  music_2.gif Naxos Music Libraryで試聴

6.リゲティヴァイオリン協奏曲

7.武満徹ノスタルジア
  music_2.gif Naxos Music Libraryで試聴

8.ペンデレツキヴァイオリン協奏曲第2番『メタモルフォーゼン』
  music_2.gif Naxos Music Libraryで試聴

9.デュティユー夢の木
  music_2.gif Naxos Music Libraryで試聴

10.ヒンデミットヴァイオリン協奏曲
  music_2.gif Naxos Music Libraryで試聴


schott aktuellを読む
http://www.schott-music.com/composers_authors/actjournal/Archiv/2008/index.html


なお、上記リストは、ショット・ミュージックの作品のみを対象として作成されたもので、ユニヴァーサル・エディション、ブージー・アンド・ホークスなど当社が取り扱っている他の音楽出版社の作品は含まれておりません。