Loading

Home>ニュース

ニュース

RSS Twitter Facebook

カプースチン《8つの演奏会用練習曲》楽譜の取り扱い開始

2016年 12月20日付

© Peter Andersen


高い人気を誇りながらも長期に渡り入手困難となっていた、ニコライ・カプースチンの代表作、ピアノのための《8つの演奏会用練習曲 8 Concert Studies》の楽譜が、独ショット・ミュージックの新刊として発売されました。価格もお求めやすくなっておりますので、この機会にぜひ当社オンラインショップよりご注文ください。

《8つの演奏会用練習曲》op.40(1984)は、カプースチン作品の特徴といえる「ジャズの語法を組み込んだクラシック音楽」の魅力が存分に詰まった、8つの超絶技巧的ピアノ曲です。彼のピアノ作品の中でも非常によく知られ、ニコライ・ペトロフ、マルカンドレ・アムランをはじめ、多くのピアニストによって演奏されています。

絶え間なく続く複合的なリズムと、重厚で煌めきに満ちたハーモニーをぜひ体感してみください。全てのピアノ愛好家、クラシック・ファン、ジャズ・ファンにお勧めする作品です。


ed_22659-kapustin_648_.jpg

ニコライ・カプースチン
8つの演奏会用練習曲
ピアノのための

Nikolai Kapustin
8 Concert Studies
for piano

72ページ/231×303mm
注文番号:ED 22659
ISMN:979-0-001-16276-0



オンラインショップで購入

収録曲:

  1. Prelude
  2. Reverie
  3. Toccatina
  4. Reminiscence
  5. Raillery
  6. Pastoral
  7. Intermezzo
  8. Finale