Loading

Home作曲家>湯浅譲二 略歴

作曲家

湯浅譲二
Joji Yuasa
1929.8.12 –



photo by Jun'ichi Ishizuka

English

1929年8月12日、福島県郡山市に生まれる。作曲は独学。慶応大学医学部進学コース在学中より音楽活動に興味を覚えるようになり、やがて芸術家グループ<実験工房>に参加、作曲に専念する(1952)。以来、オーケストラ、室内楽、合唱、劇場用音楽、インターメディア、電子音楽、コンピュータ音楽など、幅広い作曲分野で活躍している。

これまで彼の音楽は、映画や放送のための音楽を含めて、ベルリン映画祭審査特別賞(1961)、1966年および67年のイタリア賞、サン・マルコ金獅子賞(1967)、尾高賞(1972、88、97、2003)、日本芸術祭大賞(1973、83)、飛騨古川音楽大賞(1995)、京都音楽賞大賞(1995)、サントリー音楽賞(1996)、芸術選奨文部大臣賞(1997)、紫綬褒章(1997)、恩賜賞(1999)、日本芸術院賞(1999)、旭日小綬章(2007)など、数多くの賞を受けている。

ニューヨークのジャパン・ソサエティ(1968–69)をはじめ、実験音楽センターUCSDの招待作曲家(1976)、DAADのベルリン芸術家計画(1976–77)、シドニーのニュー・サウス・ウェールズ音楽院(1980)、トロント大学(1981)、フランス国立音響音楽研究所(IRCAM; 1987)など、内外数多くの給付招聘を受けている。また、ハワイにおける今世紀の芸術祭(1970)、トロントのニュー・ミュージック・コンサート(1980)、香港のアジア作曲家会議(1981)、ブリティッシュ・カウンシル主催の現代音楽巡回演奏会(1981)、ニュージーランドのアジア太平洋祭(1984)、アムステルダムの作曲家講習会(1984、87)、ダルムシュタット国際現代音楽夏期講習会(1988)、レーケンボー音楽祭(1986、88)、パシフィック・ミュージック・フェスティヴァル太平洋作曲家会議(1990)、東京オペラシティのコンポージアム2002、ルーマニア現代音楽祭(2009)、アンサンブル・モデルン・アカデミー(2009)、スタンフォード大学(2009)などに、ゲスト作曲家、講師、審査員として参加している。

クーセヴィツキー音楽財団によるオーケストラ曲の委嘱をはじめ、ザールラント放送交響楽団、ヘルシンキ・フィルハーモニー交響楽団、NHK交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、カナダ・カウンシル、サントリー音楽財団、IRCAM、米国国立芸術基金などから、オーケストラ、室内楽、合唱、電子音楽など、多数の委嘱を受けている。1995年には第二次世界大戦終結50周年記念としてシュトゥットガルトの国際バッハアカデミーの委嘱による《和解のレクイエム》のレスポンソリウムを作曲、初演された。

これまで、オーケストラを含む多くの作品が、ISCM世界音楽の日々(1971、74、78、79、81、83–86、91、93、95、2005、08)やワルシャワの秋(1969、76、78、81、84、86)、ホライゾン’84、ウルティマ音楽祭(95、05)、ヴェネツィア・ビエンナーレ(2005)などを通じて、広く世界で演奏されている。

1981年より94年まで、カリフォルニア大学サン・ディエゴ校(UCSD)教授として、教育と研究の場でも活躍。現在、UCSD名誉教授、国際現代音楽協会(ISCM)名誉会員。

Joji Yuasa - Biography

Joji Yuasa, born on August 12, 1929, in Koriyama, Japan, is a self taught composer. He first became interested in music while a pre medical student at Keio University, and in 1952 turned to music full time when he joined a young artists’ group, the Experimental Workshop in Tokyo. Since then, Yuasa has been actively engaged in a wide range of musical composition, including orchestral, choral and chamber music, music for theater, and intermedia, electronic and computer music.

His works, including film and television scores, have won several prizes; among them the Jury’s Special Prize of the 1961 Berlin Film Festival, the Prix Italia (1966, ’67), the San Marco Golden Lion Prize (1967), the Otaka Prize (1972, ’88, ’97, 2003), Grand Prizes at the Japan Arts Festival (1973, ’83), the Hida-Furukawa Music Grand Prize (1995), the Kyoto Music Grand Prize (1995), the Suntory Music Prize (1996), the Medal with Purple Ribbon (1997), Education Minister’s Art Encouragement Prize (1997), the Imperial Prize (1999) and the Japan Art Academy Prize (1999), etc.

Yuasa has received a number of scholarships at home and abroad: a Japan Society Fellowship (1968 – 69), Composer-in-Residence at the Center for Music Experiment UCSD (1976), Berlin Artist Program by DAAD (1976–77), the New South Wales Conservatorium of Music in Sydney (1980), University of Toronto (1981) and IRCAM (1987), Civitella Ranieri Foundation (2002), among others.

He has won numerous commissions for his orchestral, chamber, chorus and electronic compositions including commissions for orchestral works from the Serge Koussevitzky Music Foundation, Saarländischer Rundfunk-Sinfonieorchester, Helsinki Philharmonic Orchestra, Japan Philharmonic Symphony Orchestra, NHK Symphony Orchestra, Canada Council, Suntory Music Foundation, IRCAM and National Endowment for the Arts of the U.S.A., among others.

As a guest composer, lecturer and judge, Yuasa has contributed to the Festival of Arts In This Century in Hawaii (1970), New Music Concerts in Toronto (1980), the Asian Composers League in Hong Kong (1981), a concert tour for Contemporary Music Network by the British Arts Council (1981), the Asia Pacific Festival in New Zealand (1984), Composers Workshop in Amsterdam (1984, ’87), Internationale Ferienkurse Für Neue Musik in Darmstadt (1988), Lerchenborg Music Tage (1986, ’88) and Pacific Music Festival in Sapporo (1990), COMPOSIUM 2002 in Tokyo, Romania Contemporary Music Festival (2009), Internationale Ensemble Modern Akademie (2009), Stanford University (2009) among others. In 2005 his Responsorium from “Requiem of Reconciliation,” commissioned by Internationale Bachakademie Stuttgart as a commemorate the fiftieth anniversary of the end of World War II, was premiered.

His music has been widely performed throughout the world at such festivals as the ISCM World Music Days (1971, ’74, ’78, ’79, ’81, ’83–’86, ’91, ’93, ’95, 2005, ’08), Warsaw Autumn (1969, ’76, ’78, ’81, ’84, ’86), Horizon ’84, ULTIMA Oslo Contemporary Music Festival (1995, 2005) and Venice Biennale (2005).

From 1981 to 1994, Yuasa was actively engaged in music research and education at the University of California, San Diego (UCSD). Presently, he is professer emeritus at UCSD and Nihon University and a honorary menber of ISCM.