Home>ニュース

ニュース

RSS Twitter Facebook
前の記事 次の記事 | 一覧

新刊楽譜:細川俊夫《線 Ⅵ》打楽器のための

2022年 1月 7日付

細川俊夫/Toshio Hosokawa

photo © Kaz Ishikawa

長らく出版が待ち望まれていた細川俊夫作曲、打楽器のための《線 Ⅵ》の演奏用楽譜が、ショット・ミュージックの新刊として発売された。

打楽器のための《線 Ⅵ》(1993)は、1993年9月24日に行われたベルリン芸術週間における中村功のソロ・リサイタルのために中村より委嘱され、ベルリン・フィルハーモニーにて初演された。演奏時間は12分。作品は中村功に献呈されている。

線 I》から《線 Ⅵ》は、細川が1980年代から90年代にかけて作曲した独奏楽器のためのシリーズ。東洋の毛筆の線のあり様を様々な楽器において追求しており、書道と同様に、線と余白の関係、すなわち、ひとつひとつの音と、音のない空間との関係が非常に重要な要素となっている。

委嘱者である中村功の演奏家としての個性を存分に生かすために、《線 Ⅵ》には即興的なパートも含まれている。1993年の初演以来、中村功のみならず、世界中の打楽器奏者によって演奏されており、打楽器独奏のための作品として重要なレバートリーのひとつと言えよう。

  • SJ1205
  • 細川俊夫
    線 Ⅵ
    打楽器のための

    Toshio Hosokawa: Sen Ⅵ
    for percussion

    パフォーミング・スコア

    230 x 303 mm/16ページ
    SJ1995

    オンラインショップ

前の記事 次の記事 | 一覧